認知だけじゃない!動画広告でもコンバージョンを獲得できる設定方法を解説

今回の記事では、認知目的のイメージが強い動画広告でもコンバージョンが取りやすい広告メニューを実績とあわせてご紹介します!初心者でも成果をあげやすい Facebook スライドショー広告、Yahoo! PC ブランドパネル(動画)は、特にオススメのメニューです。制作のハードルが低く、費用対効果が良いのが特徴です。まだトライしたことがない方は是非お試しください!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

近年 Youtube を始めとする動画プラットフォームの台頭、4G 回線の日本全国への普及や 5G といった次世代通信規格の台頭により「動画広告」にますます注目が集まっています。以下は、2019年12月にサイバーエージェントが発表した、動画広告の市場調査のデータです。

媒体各社も、動画広告のメニューについて、試行錯誤を重ねており、「まずは認知度を高めたい」「購入につながる広告配信をしたい」「魅力的な掲載枠に広告配信したい」などといった広告主のニーズに応えられるような工夫を凝らしています。

今回は、動画広告の課金形態や露出のされ方などについてまとめ、すぐに始めることができるオススメの動画広告メニューを紹介したいと思います。

弊社での動画広告実績

まずは、弊社での事例をもとに、動画広告でも直接コンバージョンが取れやすい動画広告のメニューと設定についてご紹介します。

以下の動画広告の実績は、顧客の直接獲得を目的に広告配信をおこなった際の事例になります。

商材目標CPACPA実績メニュー配信対象(ターゲット)
B to 物販¥3,000¥2,000Facebook 動画過去サイト訪問
B to 物販¥10,000¥5,000Facebook 動画新規ユーザー
婚活サービス¥7,000¥3,100Facebook スライドショー過去サイト訪問
セラピー集客¥10,000¥5,000Facebook スライドショー過去サイト訪問
企業セミナー集客¥15,000¥5,000Facebook スライドショー新規ユーザー

上記表で CPA 実績はどれも目標 CPA を下回り、コストをおさえつつそれぞれの目的を達成することができました。それは媒体が提供するメニューの文脈とクライアント様のニーズに合わせた広告配信を実現することができたためです。

写真や文字だけでは、商材・サービスの魅力が伝わりづらい場合、弊社では動画広告を用いてブロード配信などをおこない、新規ユーザーの獲得を試みています。

また、ランディングページ内で、特に伝えたい情報を動画で深掘りし、ユーザーへ商材・サービスのポイントを訴求しています。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]