口コミ施策を成功させるためには、ボリュームの多い層を狙うべきである。【マーケティング】

口コミ施策を成功させるためには、ボリュームの多い層を狙うべきである。【マーケティング】
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

口コミ施策に大きな期待を抱く人は多いだろう。多くのコストをかけずとも、自社商品が拡散していくのであるから費用対効果として高いと考えるのは当然かもしれない。

しかし、口コミ施策にも意味のない施策は沢山ある。特に、口コミの対象者を間違えると期待するような成果を上げることは出来ない。例えば、自社の優良顧客に口コミで広げてもらえるような施策を実施したとしよう。しかし、このような優良顧客を対象とした口コミ施策は非常に効果は少ないことが多い。なぜなら、圧倒的に優良顧客はボリュームが少ないからだ。

一般的に、口コミを広げるためには自社製品に高い好印象を持っている優良顧客を対象とするのが最も効率的だと思っている人が多い。確かに、自社製品についてよく知らず大して好印象を持っていないような人よりは優良顧客の方が効果的に感じられる。また、実際優良顧客から紹介されて顧客になる人も一定数いることを考えれば、口コミ施策を展開する対象としては優良顧客が一番良いと考えても不思議ではない。しかし、そのボリュームについて検討しないことも不思議でならない。

続きはこちらからご覧いただけます。「口コミ施策を成功させるためには、ボリュームの多い層を狙うべきである。【マーケティング】」

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]