アクセス解析は母集団を限定しよう

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

数値分析の結果は、いずれにしても母集団の性質を色濃く反映します。と申しますか、母集団の性質を知ることが、数値分析の大きな目的の一つになるでしょう。

つまり、アクセス解析を行う際に、訪問者全体の内、異常値や見るべきでない対象を母集団から事前に排除できるかどうかは、結果として得られる知見の幅広さ、確かさ、実りの多さに影響してきます。
具体的には、広告やインセンティブをばらまいて集めた訪問者集団を分析しても、ノイズ(興味が無かったけど来てしまった方の数)の方が大きくて、分析結果としては、広告が良かった、良くなかったという事にしかならず、Webサイト、商品・サービスに関する評価は一切できないといったことがありえるでしょう。

 

▼続きはこちら▼
https://access-r.jp/access_report_blog/245/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]