最近気になるWebデザイン~こんな時こそ海外のサイトを見てみよう! -スウェーデン編-~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ここのところ、海外への取材がままならないこともあり、日本国内で海外の国々にゆかりのある場所や施設などを紹介されるのを見かけたりします。意外と知られていない新たな発見があったりなど、改めて海外の国々とのつながりを感じることがあります。また、海外の国々にゆかりのある施設を色々とまわることで、今までになかった新しい視点で、海外を感じる新しい楽しみ方が出来るような気がします。ということで今回も、海外のデザインが素敵なWebサイトを集めてみました。
 

前回のデンマークに続き、オシャレなイメージある北欧の国々から、今なにかと話題のスウェーデンに注目してみました。
 

スウェーデンの首都ストックホルムは水の都といわれ、とても美しくジブリ映画の「魔女の宅急便」の舞台になったと言われております。また、ノーベル賞の授賞式が行われることでご存知の方も多いかと思います。

スウェーデンの企業には、イケヤ、ボルボ、エリクソン、最近ではカジュアルファッションのH&Mや音楽ストリーミングサービスのSpotifyなど、日本でよく知られる企業が多く、どの企業も革新的でデザイン性に優れています。そのデザイン性の高さの裏には、国民の趣味を向上させ、住環境の改善と産業の発展につなげようという動きがあったそうです。つまりハイエンドな産業を育てるにはそれを理解する消費者の審美眼を育てるという考え方。自然の中から生まれたものだけではなく、政策的に生み出されたデザイン性の高さがスウェーデンデザインなのだそうです。そう聞くと、美しいだけでなくなにか力強さも感じるような気がしますね。
そんなスウェーデンのWebサイトをいくつかご紹介します。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w004_202008.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]