毎月の交通費精算データを自動取得!「Googleカレンダー」から訪問先ごとの交通費精算データを取得し「Excelファイル」に出力してみた

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連携デモ。今回はASTERIA WarpとGoogleカレンダーアダプターを使って、Googleカレンダーに登録されている各訪問先の交通費精算データをExcelにまとめる自動処理化に挑戦します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ASTERIA Warpはアイコンを組み合わせて処理を開発いただきますが、アイコンの総数ってご存知でしょうか?? 

なんと弊社からリリースしているアイコン(コンポーネント + マッパー関数)で、"409個"! 
※2020年6月時点。

いやー、多すぎて全機能覚えきれないですね(笑)

今まで使用したことのないアイコンを調べながら試して、実際に動くところまでご紹介してければと考えております!

ただ、目的もなくご紹介しても面白くないかと思いますので、勝手ながら私自身が日々の業務であったら便利だなーと思う業務自動化の処理を開発していきます!

今回の目的は「Googleカレンダー」からデータを取得してみます!

理由は、交通費精算の申請作業に不便を感じているからです・・・

交通費精算申請を行うためにスケジュールから訪問先を調べて、経費精算システムに入力の繰り返し。せめて、カレンダーに登録してある1ヶ月間の訪問先が1つのファイルにデータにまとまっていれば作業としては楽なのに・・・

そこで、その夢を実現するべくASTERIA Warpで処理を作ってみたいと思います!

前提として、訪問先を取得するスケジューラーは「Googleカレンダー」、まとめるデータは「Excelファイル」で進めます。

概要図

ASTERIA Warpの連携概要図

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/blog/20200615/82505.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

顧客生涯価値
企業と顧客が継続的に取引をすることによって、顧客が企業にもたらす価値(利益)を指 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]