【広報セミナー】 朝日新聞のWEBメディア「ツギノジダイ」編集長から学ぶ! 記者や編集者が求める、経営者・広報担当者とは? 取材の前に知って欲しい5つのこと。

朝日新聞のWEBメディア編集長のお話が聞ける!経営者・広報担当者が対象のメディアセミナー。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんな方々に向けた広報セミナーです!

  • メディア関係者に情報を発信したい方
  • メディアに取り上げられたいけど、知識やノウハウに課題を感じている方
  • これから広報に力を入れようと考えている方
  • 低コストで効果のある広報をしたい方

    ゲスト紹介

 杉本崇(すぎもと・たかし) ツギノジダイ編集長

1980年、大阪府東大阪市生まれ。2004年朝日新聞社に記者として入社。
事件や自治体取材のほか、医療と科学技術分野を中心に取材を続けてきた。
これまで取材に携わったテーマは「高齢者宅への悪質なリフォーム詐欺」「袴田事件」「福島第一原発の事故」「マイクロプラスチック」など多数。町工場の工場長を父に持ち、ライフワークとして数々の中小企業も取材を続けてきた。
5月27日に中小企業に向けたWEBメディア「ツギノジダイ」を開設し、編集長を務める。
大学時代はボクシング部。同じリーグから後の世界王者を輩出しており、当時、同じ階級でなかったことに心から安堵している。

セミナー詳細

 日時:2020年8月26日(水)17:00-18:00(入場開始16:50)
 場所:オンライン開催
 対象:経営者の方・広報担当の方
 定員:50名(1社2名まで)
 費用:無料
 注意:*本セミナーは広報セミナーです。
    *初めて参加される方を優先的にご案内させていただきます。ご了承ください。
    *競合他社様からのお申し込みはお断りさせていただいております。
    *満席の場合は抽選になる場合があります。

内容

【朝日新聞について】
 ・媒体の特徴
 ・経営者が出るとすればこの紙面

【ツギノジダイについて】
 ・媒体の特徴
 ・記事で紹介したい経営者とは

【取材の前に知って欲しいこと】
 ・メディアに取り上げられることは本当に低コストか
 ・取材してほしい内容と取材したい内容の違いとは
 ・広報・PRの方をどう見ているのか
 ・メディアに掲載されるための事前リサーチとは
 ・どのメディア、記者・編集者にも当てはまる絶対のルールはあるのか

--------------------------------------------------------------

お問い合わせ:株式会社Enjin メディアセミナー事務局
担当:高山 メール:medichoku@y-enjin.co.jp

--------------------------------------------------------------

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Discover
「Discover(ディスカバー)」とは、Chromeブラウザとスマートフォンの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]