Googleアルゴリズム 2020年5月コアアップデートの影響と対策傾向

ゴールデンウィーク、新型コロナウイルス、ただでさえいつもと違う状況の中行われた2020年5月アップデート。その影響をメディア運営者が自身のメディアを例に紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2020年5月5日、Googleのコアアルゴリズムアップデートが告知されました。ゴールデンウィークや新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ検索傾向が大きく変わる中、自社サイトのアクセス数に予想外の影響が出たサイトオーナーも多いと思います。

個人的には、Googleのアップデートに対する対策は不要と考えています。Googleは常にユーザー体験を第一に考え、質のいい検索結果を表示するために動いています。我々メディア運営者もユーザーに質の高いコンテンツを提供したいと考えているので、目的は一致しています。

しかし、2020年5月アップデートについては、ひと月半ほど経過したころから、明確な傾向が見えてきました。

今回はその傾向と対策を紹介したいと思います。

続きを読む:Googleアルゴリズム 2020年5月コアアップデートの影響と対策傾向

サーチコンソールのデータから読み取れることは?

記事本文では、次の4つの画像を紹介しています。それぞれサーチコンソールの表示回数、クリック数、CTA、掲載順位を表しています。BtoBメディアなので曜日による表示回数、クリック数の変動が激しいです。

この4つのデータから見える違和感が分かりますか?

続きを読む:Googleアルゴリズム 2020年5月コアアップデートの影響と対策傾向

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]