「伝わる!」情報整理の仕方を学ぼう!

「伝わる!」情報整理の仕方を学ぼう!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

資料やWebサイト・ホームページを見ていると、「分かりにくい」とか「何を言っているのか分からない」という印象を持つことが多いのではないだろうか?しかし、他社の資料やWebサイト・ホームページであれば笑って過ごせますが、自分が作成した資料やWebサイト・自社のホームページのことであったとしたら、笑いごとではありません。もし、100人がWebサイト・ホームページを見て、この会社は何が出来るか?この会社が一番良いのか?を理解出来たのが5人しかいないのだとしたらあまりに機会損失が大きいわけです。

分かりにくさはどこからくるのか?

このような「分かりにくさ」「理解のしにくさ」というものは、なぜ起こるのでしょうか?一番の原因は、提供する情報が理解しやすいように整理されていないことがあげられます。よくやってしまう失敗例としてあるのが、伝えたい情報を全て並列に掲載してしまうやり方です。これは、本人の伝えたい意欲が強すぎる、かつ、すべての情報が大切と心の底から思っているからです。

しかし、これでは伝わりません。なぜか分かりますか?

続きはこちらから

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]