翻訳会社アレこれ~Vol.28 ○○さんからのご紹介 その3 「Mさん」~

Mさんのご紹介で、カタログに関する「改訂版」の英訳を頂いた際、思いもよらないクレームが入ったのですが、その原因とは…
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

MさんはもともとNさんからのご紹介で、英訳のご相談を良くいただいています。

 

Mさんの仕事ぶりはとても丁寧で、仕事の進め方も安定感があり、予定通りに事が運ばないと見るや、早々に進捗やリスケについてのお知らせをいただけるのでとても助かります。
これは一見あたりまえのようですが、我々にも気を遣っていただけるお客様は、なかなかいるようで少ないので、私どもにはありがたいお客様なのですが、ある時、Mさんのお仕事で、以前にもカタログとリーフレットの英語版制作のお手伝いをした案件で、最近改訂のお仕事があり、そちらの英訳だけを担当したところ、耳を疑うようなコメントが舞い込んできたのです。

~~~~~~~~~~~~~~
(原文ママ)
実は得意先社内で、これまでも修正が多く、今回も英訳がひどいとクレームがきてしまったそうなのです…。
恐れ入りますが、校正が戻ってきたところで、現状の問題点と、次回どのように発注すべきかなどをご相談させていただければと存じます。
~~~~~~~~~~~~~~

先の案件をお手伝いした時にはこんなことはなかったので、同じスタッフが担当しているのに、英訳がヒドイ?社内のネイティブなのに?いったいなぜ?と思いつつも、こういうコメントが来ると、いつも決まってセットで付いてくる問い合わせも。。。

・御社内の方なのか、外部の方なのか?
・ネイティブなのかどうか?
・すべて同じ翻訳者か(前回のリーフレット・前回のチラシ・今回チラシ)?
・経験値
・母国語 など、どういった方が担当されているのか

いつものように、ひと通りの回答を済ませてほどなくして、お得意様のお戻しが来たのですが、

「あれっ?」っていうくらい修正が少なくて、Mさんからのメールにも
「それほど多く入っているわけではなさそうでした。お騒がせして申し訳ありません。」
とさっきまでとは違い、落ち着いたコメントが添えられていました。
そして、お戻しをいただいてからほどなくして、そのクレームの原因が判明したのです。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l001_201910.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]