「Googleしごと検索」の上位に求人情報を表示させる方法を考えてみた (1)

「Googleしごと検索(Google for jobs)」。上位表示させるコツがないか検証してみました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

2019年1月にGoogleが提供を開始した機能、「Googleしごと検索(Google for jobs)」が注目を集めているようです。既存の採用ポータルサイトとの最大の違いは無料*のサービスであること。採用活動のコストを少しでも抑えたい企業にとっては、魅力的な機能ですよね。*2019年7月現在

 

Googleしごと検索ってどんな機能?

ユーザーが求人に関する情報をキーワード検索したときに、検索結果を1ページ目の上部(に掲載させる機能です。ブラウザ表示だとこんな感じ。青色バーをクリックすると詳細ページに飛びます。


参照)Googl Japan Blog https://japan.googleblog.com/2019/01/shigoto-search.html?m=1

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l002_201907.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]