中華圏向け越境ECサイトを作りたい!どんなデザインがいい?(1)~香港編~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

中華圏からの観光客と言えば、「爆買い」している姿が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。近年、ネットショッピングの発達と共に、日本に来て買い物するより、携帯やパソコンで「ポチる」方が便利で快適です。私は香港にいる時も、楽天Global MarketやBuyeeを使って、日本の品物を買ったことがあります。越境ECサイトのメリットを紹介する文章は多分たくさんあると思います。そもそも、越境ECサイトを作りたかったら、どうすれば中華圏の人々に人気を得ることができるでしょうか?
そこで今回は、中華圏で人気なECサイトを紹介します。まずは香港のサイトからです。

 

HKTV mall↗︎

品物の種類は香港有名なオンラインショップ中で最も多いと思います。食品、デジタル商品、コスメなど、たくさんあります。
商品のカテゴリによって、レイアウトのテーマカラーが違います。
したがって、全てはパステルカラーです。それと、同じカテゴリ内で使われるカラーはテーマカラーを元に変化します。大きな違いはなくて、色数は多くない、統一している感じです....

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w011_201812.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]