訪日外国人の日本での購買事情。

訪日外国人はいったい何を買っているのでしょうか
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

街では引き続き多くの訪日外国人の方を見かけます。訪日の目的が「モノ」から「コト」体験にシフトしてきていると以前、書きました。
とは言え、やはり日本に滞在している間に色々な買い物をすることも目的の一つでしょう。そこで今回は訪日された方が具体的にどんなものを買っているのかをご紹介します。

まず、最初にインターブランドが、毎年出している日本のブランドグローバルランキングを見てましょう。
2018年のランキングは以下の通りです。

第1位 TOYOTA(トヨタ)
第2位 HONDA(ホンダ)
第3位 NISSAN(ニッサン)
第4位 CANON(キャノン)
第5位 SONY(ソニー)
引用元:interbrandjapan

自動車メーカーが圧倒的な人気で、ベスト3を独占しています。その他にも家電メーカーや機器メーカーが上位にランクインしています。
ただ、ブランドの人気が高くても訪日して自動車を購入はしないと思いますので、実際に、どんな商品を購入しているのか見てみましょう。

 

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l006_201907.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]