RFP(提案依頼書)をまとめよう!作成のポイントを解説!

今回の記事では、RFP作成のポイントを初心者の方にもわかりやすくお届けします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Web制作を制作会社に依頼する際の提案依頼書「RFP」をご存知でしょうか。

RFPは「Request For Proposal」の略で、Web制作の目的や要件をまとめた資料のことです。少し難しい印象もありますが、事前にRFPを用意しておくことで、Web制作の過程での行き違いや、完成してから「考えていたのと違う」ことになるリスクを減らすことができます。

今回の記事では、RFP作成のポイントを初心者の方にもわかりやすくお届けします。

目次

RFP(提案依頼書)とは

RFPの基本項目

  1. プロジェクトの概要
  2. 新しいWebサイトに必要な要件
  3. Web制作会社に提案を依頼したい内容
  4. 検討に必要な資料
  5. その他補足情報

コツをおさえてより良い提案を受けよう!RFP作成の留意点

  1. わからないこともリストアップ
  2. 参考サイトの情報を提供
  3. プロジェクトのゴール(目標)の共有

まとめ:形式にこだわらず、まずは作ることが大切

 

続きはこちらから↓(全文無料)

RFP(提案依頼書)をまとめよう!作成のポイントを解説!

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]