ホームページ制作を依頼するなら個人?法人?メリット・デメリットを解説!

新しいホームページを制作する際、知り合いなどのフリーランス(個人)に依頼するか、あるいは制作会社に依頼するかで迷っている方も多いのではないでしょうか。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

新しいホームページを制作する際、知り合いなどのフリーランス(個人)に依頼するか、あるいは制作会社に依頼するかで迷っている方も多いのではないでしょうか。

 

最近ではクラウドソーシングサービスを活用し、個人のWebデザイナーにホームページのデザインを発注している中小の企業も多くなっているようです。

 

そもそも、制作会社に依頼するメリットとは何でしょうか? 
また個人に依頼すると、どんなデメリットがあるのでしょうか? 
それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

 

目次

ホームページ制作者の種類

個人に依頼するメリット・デメリット

  1. 個人に依頼するメリット
  2. 個人に依頼するデメリット

法人に依頼するメリット・デメリット

  1. 法人に依頼するメリット
  2. 法人に依頼するデメリット

「ホームページの目的」から個人・法人に依頼するかを決めましょう!

 

 

続きはこちらから↓(全文無料)

ホームページ制作を依頼するなら個人?法人?メリット・デメリットを解説!

 

 

 

合わせて読みたい

ホームページのリニューアルを考えるべきタイミングとは

RFP(提案依頼書)をまとめよう!作成のポイントを解説!

ホームページ制作の発注前に気をつけたい4つのポイント

ホームページリニューアルでありがちな失敗例と回避策

ホームページ制作の相場は?項目別の相場一覧

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]