マーケティング担当者が分析業務のとき自問自答すべき「4つの問い」

マーケティング担当者が分析業務のとき自問自答すべき「4つの問い」
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

多くのマーケティング担当者が、データに触れ、実際に分析する立場になる機会が増えてきています。今後も、データで取得できる範囲は増え、ますますデータ分析の重要性が問われる時代になってきます。

しかし、そのような時代にも関わらず、データ分析をエクセルにまとめることや集計することと思っている人が多いことも事実です。クロス集計するにしても、統計解析をするにしても、分析するためにデータを整備するなど、非常に手間がかかるのが分析業務です。そのため、マーケティング担当者からすればマーケティング業務の本筋とは違う分析にそこまで多くのエネルギーをかけたくなくなる気持ちも分からないでもありません。

しかし、上述したようにデータが持つ力が今後拡大する中では、そのようなデータ分析への姿勢では評価されなくなる時代がきっとくるでしょう。今のうちから、データ分析の基本についてマスターしておくことで、きたるデータへの正しい姿勢を身に付けることが出来るはずです。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]