「不完全で断片的なデータ」をマーケティング担当者はどう扱うべきか?

「不完全で断片的なデータ」をマーケティング担当者はどう扱うべきか?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「データ分析の能力」はマーケティングを担当する人間として、今後さらに重要性が高まると考えられています。今はまだ、十分なデータを確保することは難しいですが、将来的には取得できるデータの量と幅は劇的に増加していくでしょう。そのような時代において、マーケティングを担当する人間として、データ分析の能力がないことは大きなハンデとなることは容易に想像することが出来ます。

もちろん、データ分析の能力があれば良いのではありません。お客様のことをデータだけで理解することは出来ないからです。そして、その理解できない領域はどんなにデータの量・データの幅が増えたとしても絶対に残り続けます。データに過剰な期待を持つことは良い結果を生みません。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]