「不完全で断片的なデータ」をマーケティング担当者はどう扱うべきか?

「不完全で断片的なデータ」をマーケティング担当者はどう扱うべきか?
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「データ分析の能力」はマーケティングを担当する人間として、今後さらに重要性が高まると考えられています。今はまだ、十分なデータを確保することは難しいですが、将来的には取得できるデータの量と幅は劇的に増加していくでしょう。そのような時代において、マーケティングを担当する人間として、データ分析の能力がないことは大きなハンデとなることは容易に想像することが出来ます。

もちろん、データ分析の能力があれば良いのではありません。お客様のことをデータだけで理解することは出来ないからです。そして、その理解できない領域はどんなにデータの量・データの幅が増えたとしても絶対に残り続けます。データに過剰な期待を持つことは良い結果を生みません。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]