カスタマージャーニーの前に、基本的なマーケティングを大切にすべき。

カスタマージャーニーの前に、基本的なマーケティングを大切にすべき。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

数年前からカスタマージャーニーを作り出す企業が増加した。今でも作成している企業があるのかもしれない。しかし、最近はカスタマージャーニーという言葉自体聞かなくなってきている。当時は、まるでカスタマージャーニーを作らなければならないかのような雰囲気であったのに。思ってみれば、カスタマージャーニーを作ったおかげで売上・利益が増えたという声は聞いたことがない。なぜ、このような状態になったのだろうか?

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]