マーケティング担当者はセグメントする時にコスト意識を持つべき。

マーケティング担当者はセグメントする時にコスト意識を持つべき。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

セグメンテーションは、結局のところ企業の資産を効率よく使って顧客との良好な関係を構築するために実施される。既存顧客を相手にするにせよ、見込顧客を相手にするにせよ、その企業が競合他社に勝てて、かつ十分な利益の出せるターゲットを見つけるためにセグメントするわけだ。セグメントした結果、顧客を満足させることが出来るターゲットを見つけても、競合他社の方が優れているのであれば利益は期待できない。そうではなく、競合他社よりも優位に立てて、かつ利益の出せるターゲットを見つけるためにセグメンテーションは実施される側面がある。

そのため、セグメンテーションにはコストという意識が絶対的に必要なのだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]