クラスター分析でマーケティングのヒントを見つける

クラスター分析でマーケティングのヒントを見つける
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

データドリブンなマーケティングをしたいという要望は多い。しかし、膨大なデータを前にして何から始めれば良いのか分からない人がほとんどだ。データを活用しようと言い出してから数年経過してもなお有益な成果を出せずにいる企業が多い。

その原因の一つは、統計分析の知見やスキルをもつ人間が社内にいないことだ。購買データや属性データがいくら豊富にあってもそれらデータから有益な意味を導き出すスキルがなければできることは限られる。膨大なデータを人間が見て傾向を把握することは難しい。集計レベルでは出来ることが限られる。データ分析を外注することは可能でも、社内の人間が理解できないことは実行まで至ることはあまりない。

とはいえ、マーケティング担当者なのであれば、基本的な統計分析の手法については基本的な知識はもっておいた方が良い。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]