中華圏向けの越境ECサイトを作りたい!どんなデザインがいいか?(3)~中国編~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

香港編台湾編を経て、ついにこのシリーズは最終回を迎えます!

中国の電子商取引の市場規模は世界一大きく、これからも成長しつつあります。
そんな中、淘宝网(タオバオ)、京東はほぼ85%の中国の電子商取引市場シェアを占有しています。
今回は中国大陸の人気ECサイトをまとめておりますので、その人気のコツを見つけましょう!
 

■淘宝网(タオバオ)↗︎

まずは有名なアリババグループ所属の淘宝网(タオバオ)。
タオバオは中国EC市場シェア占有率一位のリーダーサイトで、中国に限らず、台湾、香港でも使用者有数なECサイトです。
タオバオはCtoCサイトで、誰でもタオバオでネットショップを開設することができるので、タオバオの取り扱い商品範囲はとても広く、服、食品をはじめ、飛行機などもタオバオで買えます。驚くことに、馬も買えます。↗︎

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w011_201902.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]