「Webマーケティング・コンテンツマーケティングの失敗例」

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「「Webマーケティング・コンテンツマーケティングの失敗例」」を公開しました。

###

当社顧問である吉政忠志氏によるコラムがWeb担当者フォーラムで掲載されています。興味がある方はご覧ください。

###

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「Webマーケティング・コンテンツマーケティングの失敗例」という内容で書きます。今回は読んでみると当たり前だけど、良くありがちな失敗例を挙げてみます。参考になることがありましたら、嬉しいです。

失敗例1:「会社が決めたターゲットキーワードが統一的にコンテンツに書かれていない」

例えば、Aというキーワードを検索順位のターゲットキーワードとします。そのAが以下に記載がないという失敗例です。

タイトル
冒頭
 本文
META Description
 META キーワード

これはシンプルに考えて、Aというキーワードをターゲットにしたいと思った場合は、タイトルや冒頭、本文にAのことが書かれているのが普通ですよね。そうでないと、Aに関して書かれたコンテンツではないためです。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2341

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]