技術者のためのほにゃららら > 第34回 RPAが変える、技術者の働き方 ~Myロボットと一緒に転職する時代~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「技術者のためのほにゃららら > 第34回 RPAが変える、技術者の働き方 ~Myロボットと一緒に転職する時代~」を公開しました。

###

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。先日ショッキングなニュースが耳に入ってきました。

As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened
 ※日本語略:ゴールドマンがオートメーションを抱擁すると、マスターズ・オブ・ザ・ユニバースでさえ強迫される

ここで書かれているのは世界的な金融機関であるゴールドマンサックス証券のトレーダーが600名から2名に削減され、代わりにソフトウェアでできたトレーディングロボットを大量に構築したということが書かれています。解雇されたトレーダーの席にはAIを搭載したロボットを開発するAIエンジニアが座っているそうです。

これは海外の話の話では終わらず、国内でも多くの金融業界では人工知能が採用され、9割近くの仕事がロボットに置き換えられていくと考えられています。

ものすごいく率直な意見を言えば、経営者は、人間でもロボットでも、正確かつ迅速に低コストで作業をしてほしいものです。それが利益を生みやすい労働インフラだからです。好き嫌いは別にして、これに対してNOという経営者はいないはずです。この観点から将来のエンジニアの転職状況を考えると、以下のようになると思います。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/yoshi/yoshi34.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]