技術者のためのほにゃららら > 第28回 数字に基づくPythonの勢いとは

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「技術者のためのほにゃららら > 第28回 数字に基づくPythonの勢いとは 」を公開しました。

改めまして、このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。CTC教育サービスのマーケティング支援を行っているご縁から、この「技術者のためのほにゃらら」というコラムを連載しています。「ほにゃらら」というのは40歳前後以上の方でないとぴんと来ないかもしれません。「XXXXX」や「なんとか」のような意味です。ちょっと大きな会社の役員をしていたこともあり、技術者の面接で経験したことや、XMLやLinux、Ruby、Ruby on Rails、PHP、Pythonの認定試験を運営支援する中で感じたことなど、技術者の方々に役に立つような内容を中心に書いていきます。第28回は「数字に基づくPythonの勢いとは」というタイトルで書いてみます。

まずは、Pythonの状況を簡単に説明します。以下についておおよそ違いはないと思われます。

•Linux OSなど基盤分野ではデファクトスタンダードとなっていて、シェルスクリプトに並ぶ、基本ツールになってきている。
•ビックデータ関係や機械学習分野での使用も顕著に増加し、Pythonが使われる場面が増えていっている。
•一つの分野だけではなく、多くの分野で実践的に使えるコンピュータ言語として認知され、使われる場面も多方面に広がっている。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/yoshi/yoshi28.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]