技術者のためのほにゃららら > 第33回 他言語経験者がRailsで仕事するにあたっての雑感

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「技術者のためのほにゃららら > 第33回 他言語経験者がRailsで仕事するにあたっての雑感」を公開しました。

###

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。プログラマーが将来にわたっても食べていくには、複数の言語をマスターしたほうがいいですよね。

Web系のエンジニアでしたら、全てのWebサイトの8割強に導入されているPHPは外せないと思うのですが、もう一つ欲しいということになった時に候補に挙がるのがRuby on RailsやJava Scriptではないでしょうか?私はRuby on Railsの試験を主宰しているので、今回は他言語からRuby on Railsに転向した場合の生の声を列記します。これからRailsを学びたいと思われている方に何らかの参考になればうれしいです。以下はすべて個人の意見ですので、あくまでもそのつもりでご覧ください。

「私は.NET界隈からRails来ましたが、.NETの概念のうち90%はRailsでも適用されると思っています。唯一の注意点は、コマンドラインに精通する必要があることです。この点は、ドロップダウンメニューを使ってあらゆる開発を行ってきたWindowsスタイルの開発者にとって、苦難となりうるようです。まずは小さなアプリをRailsに収めてみて、その過程ですべての概念を理解していくとよいと思います。」

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/yoshi/yoshi33.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]