【Web制作】UX向上のために取り入れるべき「マイクロインタラクション」とは

よろしければこちらもご覧ください

 

Web制作において、ユーザーとのコミュニケーションを考えることの重要性が注目されています。誰にとっても使いやすい、迷うこと無く使えるUIを用いる事が求められる今、その一翼を担うのが、マイクロインタラクションです。

マイクロインタラクションとは一体どういったものでしょうか

マイクロ インタラクションとは、ユーザーの行動に対して、今の状況と、次にどうすれば良いのかを直感的に伝えることを目的とした「ヒューマンセンタードデザイン」と呼ばれるデザイン手法の1つです。

説明を受けなくても誰もが簡単に操作できる状態を実現することで、 ユーザーにとってより直感的な体験を提供します。マイクロインタラクションの主な役割は以下のようなものと言われています。

・アクションに対するフィードバックを提供する
・タスクの完了を伝える
・直接操作している感覚を強める
・操作の結果を視覚的に表しミスを防ぐ

例えば、iPhoneのミュートスイッチ、スイッチを切り替える時に・・・

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w004_201805.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]