『知れば知るほど』ー 徐々に【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

ミュージカルの名曲が伝えるメッセージには現代のデジタルマーケティングにおいても通じるものがあるようです。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 1951年のミュージカル『王様と私』で歌われた名曲『知れば知るほど』は、現代のデジタルマーケティングにおいても多くのことを教えてくれます。企業は、顧客のことをもっとよく知りたい、顧客に自分たちのことを好きになってもらいたい、そして、顧客対応をもっとよくしたい、と考えているのです。

 しかし、知らない人から最初に多くの情報を集めようとするのは得策ではありません。これこそが、GIGYAが、メールアドレスによりカスタマー・ジャーニーの最初の段階において企業と顧客がつながることを容易にする“Lite Registration”という新機能をカスタマー・アイデンティティ・マネジメント・プラットフォームに追加する理由なのです。

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]