著名リサーチ企業はカスタマー・アイデンティティ・マネジメントを顧客体験における中核ととらえています【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

複数の著名なリサーチ企業が最近相次いでカスタマー・アイデンティティ・マネジメントの重要性について分析したレポートを公表しています。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 いまや、著名なリサーチ・アナリストはカスタマー・アイデンティティ・マネジメントの持つビジネスにおける重要性を認識するようになりました。

 フォレスター・リサーチ、ガートナー、クッピンガー・コールの各社はそれぞれカスタマー・アイデンティティ・マネジメント市場を評価し、その主要なプレイヤーをランク付けしています。
そして、Gigya社はいずれの調査においても最高のスコアを獲得していますが、今回お伝えしたいのはそれだけではありません。

 業界トップのリサーチ企業各社がカスタマー・アイデンティティ・マネジメントを重要なビジネス資産と位置付けたうえで、カスタマー・リレーションシップを強化し、顧客体験を改善し、そしてデータのプライバシーとセキュリティを確保するうえでの重要性と費用効率性を認めた、ということなのです。
そしてこれは、B2C分野だけでなくB2B分野にも広がり始めています。

 

この記事の続きを読む

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドフラウド
広告詐欺のこと。 主にインターネット広告におけるものを指す場合が多い。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]