※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

日本語原稿で使用される機種依存文字は、英文でも日本語同様に使用しても大丈夫でしょうか。
国内使用を前提とした多言語Webやカタログの場合、こうした日本語の記号を翻訳言語中に使用するのは問題なのでしょうか。使うべきか使わざるべきか、頭を悩ます難題です。

PAK75_englishkucchi-20141206204016_TP_V (1)

日本語の考えでは、①②・・といった記号で文章をまとめることは整理がついてすっきりします。
○囲みの文字なので、目につきやすいのが最大の利点です。

しかし、こうした○囲みの文字や※印等を使用して完成された日本語版レイアウトから、

 

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201708.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]