データベースマーケティングでABM(Account Based Marketing)を実現する。その方法とは?

ABM(Account Based Marketing)は、BtoB企業が有力な見込顧客を効率的に見つけることができる手法の1つです。 Account、すなわち
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

1.ABM(Account Based Marketing)とは?

 「リードクオリフィケーション」。この言葉、過去に聞いたことはありませんでしょうか?
リードクオリフィケーションとは、大量の見込客リストの中から、質が高い見込客を選定するという内容です。

 

リードクオリフィケーション

このリードクオリフィケーションを実現するための有効な方法論があります。
それがABM(Account Based Marketing)です。
このABM(Account Based Marketing)というやり方は決して新しいものではありません。
なぜなら、概念自体が10年以上前から存在しているといわれているものだからです。

2.ABM(Account Based Marketing)に取り組む。
 3つのメリットとは?

 ABM(Account Based Marketing)に取り組むことで3つのメリットがあるといわれています。

①効率が良いマーケティング活動が期待できる。
 多くのBtoB企業においては、顧客の貢献度がパレートの法則となっています。

 

パレートの法則

 すなわち、売上高の8割が2割だけの顧客の貢献によって成立しているというものです。
ABM(Account Based Marketing)の「Account」とは、その名の通り「実績」です。
顧客の貢献実績にもとづくABM(Account Based Marketing)では、顧客を絞りこんでマーケティング施策を展開することが可能となります。
したがって、効率の良いマーケティング活動が期待できます。

②営業部門の目標とより緊密に連携できる。
 ABM(Account Based Marketing)は、「実績」にもとづいてターゲット企業を選定します。
ターゲット企業を選定する基準が明確でわかりやすいと言い換えることもできます。
そのため、マーケティング部門と営業部門で共通の理解がなりたちやすい、相互理解が成立しやすいです。

③増客に結びつきやすい。
 ABM(Account Based Marketing)が対象とするのは「企業」です。
企業にひもづく部門、部門にひもづく担当者とのやりとり情報をすべて「企業」レベルに集約していくという方法です。
1つのターゲット企業に対して、部門間で連携しながらマーケティングと営業活動を展開します。
したがって、クロスセルやアップセルなどの増客に結びつきやすくなります。

3.ABM(Account Based Marketing)。最初に行なうことは?

今、再びABM(Account Based Marketing)が有効なマーケティング手法として注目されています。
この理由は、マーケティング部門がデジタル情報を活用しはじめたことも一つです。
従来、マーケティング部門では、顧客と折衝する営業部門経由で顧客の関心事の情報を収集していました。

 しかしながら、現在は、ウェブの閲覧履歴を中心に多くのデジタル情報の取得が可能です。
ABM(Account Based Marketing)で最初に行なうことは、このデジタル情報の活用です。
具体的には、営業部門が商談を中心とした顧客のリアルな情報と、マーケティング部門が収集できるデジタル情報を1つの「企業」レベルで集約していくというものです。

 

ランドスケイプは、データベースマーケティングを事業領域としてサービスを提供しています。
ABM(Account Based Marketing)を始める、そして持続的にABM(Account Based Marketing)に取り組む支援も行っています。
ABM(Account Based Marketing)のキーワードは、御社のマーケティング活動及び営業活動を「企業」レベルで集約していくということです。
御社の顧客や取引にいたっていない見込客に関係するすべての情報を、1つ1つの「企業」単位で観察できるようにすることで、2.で紹介したABM(Account Based Marketing)の3つのメリットが実現しやすくなるのです。

※ABM(Account Based Marketing)のポイント。「企業単位」で情報を集約する。

①情報を集約するときに役立つ企業情報マスター「LBC」について。
②情報を集約するときに必要な「クレンジング」「名寄せ」について。
③リアルとデジタル情報を統合する。「uSonar」について。

 

 
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]