ブレインパッド、みずほ証券に168万人の顧客データを分析する機械学習・予測分析システムを導入

機械学習・予測分析システム「SAP BusinessObjects Predictive Analytics」の導入リリースです。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社ブレインパッドとSAPジャパン株式会社は、みずほ証券株式会社に、ビッグデータ対応機械学習・予測分析システム「SAP BusinessObjects Predictive Analytics」が採用されたことを発表いたします。
 今後、同システムは、約168万人のお客様(2016年9月30日現在、証券総合口座数ベース)を有するみずほ証券において、主にリテール営業のマーケティングの高度化のために活用されます。

本リリースの詳細はこちら

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]