TwitterにつないでBotをつくってみた

ASTERIA WARPのプロダクト担当による不定期の連携デモです。今回は、ASTERIA WARPを使ったTwitterのBot作成を紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

【つないでみた】TwitterにつないでBotをつくってみた

Twitterは140文字で「つぶやく」コミュニケーションツールな訳ですが、やっぱりAPIというものが存在します。このAPIを使えば自動的につぶやくBotと呼ばれるアプリケーションを作ったり、検索結果を取得したりすることができます。 しかし、2013年6月にBASIC認証が廃止され、OAuthという認証方式になりました。要するに、セキュリティの観点から以前は簡単に使用できたAPIのハードルが上がってしまったわけです。 それでもASTERIAで頑張るとTwitterのAPIを利用することが出来ます。OAuth認証の方式を詳しく説明するのはテクニカルな内容になってしまうので、後日ADN(ASTERIA Developer Network)にて情報提供を行うとして、今回はタイトルにもあるようにTwitterのBotを作ってみました。 ▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/asteria-warp/11167.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]