「最新手法 「アンノウンマーケティング」の基礎を学んでリードジェネレーションを実現しよう」を公開しました

新規見込顧客の母集団形成“リードジェネレーション”に行き詰まっている方に、最新手法「アンノウンマーケティング」をご紹介します。

こんな方におすすめの記事です

  • リードジェネレーションに課題感を持つマーケティング担当の方
  • マーケティングオートメーションの導入・活用に携わる方

概要

効率的なリードジェネレーションを実現する為の最新手法として注目されつつある「アンノウンマーケティング」。
本記事では、その意味・ルーツに加え、具体的にどうやって実現する事ができるかまで詳しく解説します。

アンノウンマーケティングとは?

かんたんに説明すると、「殆どのお客様は見てるだけで個人情報を入力してくれない」というリードジェネレーションの課題解決と、より多くのリードを獲得するマーケティング手法です。

さらに詳しく説明すると、「アンノウンマーケティング」とは、「アンノウン(知らない)ユーザー」と呼ばれる、自社のwebサイトは閲覧しているがまだ個人情報を入力していない人に対して、Webサイトの閲覧履歴を分析する事により適切なアプローチを実現します。その結果として個人情報を入力する数が増え、効果的なリードジェネレーションを実現するといわれています。

前述の通り、Webサイトを訪問したユーザーのうち個人情報を取得できるのは、わずか0.5~1.5%しかありません。残りの98%以上は「アンノウン(どこの誰だか分からない)ユーザー」のため、これまでのマーケティングオートメーションではアプローチの方法がありませんでした。

続きは、下記からお読みいただけます。

最新手法 「アンノウンマーケティング」の基礎を学んでリードジェネレーションを実現しよう

ぜひご覧ください。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]