よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「テキストの操作」を公開しました。
みなさんこんにちは。
このコラムでは、PHP技術者認定試験(初級)の出題範囲の中から、「PHP初心者だった自分に教えたい小ネタや技術」を、全18回に渡って解説していきます。

第7回目のテーマは『テキストの操作』です。

Webシステムではテキストを自動で編集することがよくあります。その場合に使える関数をいくつか紹介します。

大文字・小文字の変換

まずは、メールアドレスをすべて小文字に変換してからデータベースに保存する場合です。メールアドレスの一意性を保つために小文字での登録を必須とするサイトがよくありますが、ユーザーが間違えて大文字を使ってしまっても入力エラーにはせず、システム側で自動変換してあげるというものです。

すべての文字を小文字に変換するには、strtolower() を使います。関数名は「string to lower(文字列を小文字に)」の略ですね。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5528/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]