関数仕様編 その4(参照について)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その4(参照について)」を公開しました。
さて。参照について、です。
「引数による参照渡し」を理解するために、まず「PHPにおける参照の代入」について、
少しコードを伴わせつつ見ていきましょう。
まずは普通のコードから。

$a = 10;
$b = $a;
$b ++;
var_dump($a);
var_dump($b);

これを、少しだけ、変えてみます。

$a = 10;
$b = &$a; // XXX ここを変えた
$b ++;
var_dump($a);
var_dump($b);

$bの値を変えたはずなのに$aも変化してしまいます。
ごくおおざっぱに、これが「リファレンス渡し」の理解のベースになる、「参照による代入」となります。

で…この話をすると、他言語…特にC言語とかC++とかをやっている人達のイメージ的には「ようはポインタだろ?」とか思う訳なのですが、結論からいうと「言語の、変数管理のレイヤーレベルで、全然違います」ってのが
答えになります。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/1529/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]