D2CとD2C Rが流通小売業向け広告ソリューション「商圏分析×ドコモ広告」提供開始

対象エリア居住のユーザーや店舗に来訪しているユーザーを分析、ユーザー像を可視化

モバイルマーケティング事業のD2Cと、デジタルマーケティング事業のD2C Rは、分析メニューの「商圏分析」と広告配信を組み合わせたソリューション「商圏分析×ドコモ広告」を流通小売事業者向けに提供を始めたと7月3日に発表した。NTTドコモの独自AI(人工知能)エンジン「docomo Sense」の拡張機能を活用し、対象エリアに居住するユーザーや該当店舗へ来訪しているユーザーを分析して現状のユーザー像を可視化する。

対象エリアに居住ユーザーや店舗来訪ユーザーを分析してユーザー像を可視化

NTTドコモが保有するデータを活用した分析メニューと広告配信を組み合わせた。プロダクト開発はD2C、販売はD2C Rが担う。ドコモアセットを活用した広告配信で店舗への来訪ユーザー数の増加が見込める。商圏内に居住するユーザーには契約者情報に紐づいて多種多様なデータを活用してユーザーの興味・関心領域まで把握でき、店舗へ来訪しているユーザーは契約者情報をもとに、どこの地域から来訪しているのかを把握できる。

分析したユーザー群をもとにセグメントを生成し、セグメントに沿った複数のクリエイティブをスマートフォン向けメール型広告サービス「メッセージS(スペシャル)」で出し分けて配信し、ユーザーの趣味・嗜好に適した訴求で来店を促す。ユーザー同意のもと取得したスマートフォンの位置情報で店舗へ来訪したユーザーを捕捉し、広告効果の計測を実施するなど商圏地域に居住するユーザーを効率的に獲得する事が可能となる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]