博報堂DYメディアパートナーズのプロジェクトとルームクリップが新たな画像解析システム開発

生成AIを活用、写真や動画に写る物体を柔軟に検出、「RoomClip」に搭載しECへのリンクを表示

博報堂DYメディアパートナーズは、同社の研究開発プロジェクト「AaaS Tech Lab」が、住生活分野のソーシャルプラットフォーム「RoomClip(ルームクリップ)」を運営するルームクリップとともに、生成AI(人工知能)を活用した新たな画像解析システムを開発した、と5月14日発表した。このシステムは、写真や動画に写っている物体とその座標を検出する。

アイコン

OpenAIやMetaが開発・公開している複数のAIモデルを利用した。大規模言語モデル(LLM)と、画像を物体ごとにセグメンテーションするAIモデルを組み合わせ、画像の中の任意の物体を柔軟に検出するソリューションを構築した。カテゴリーの意味合いに応じて段階的に物体を検出。部屋の画像から「キッチン用品」に絞って「コーヒーメーカー」が検出できる。

ルームクリップはこのソリューションを使用した機能を4月にRoomClipに搭載した。ユーザーがRoomClipに投稿した住まいの写真に写っているインテリアアイテムを抽出し、そのアイテムを取り扱うECサイトのリンクを自動表示する機能となる。博報堂DYメディアパートナーズは、テレビ番組、CM、各種コンテンツ内の商品検出ソリューションへの適用を進める。

画像解析のイメージ
課題の整理
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]