タクシー搭載デジタルサイネージ「TOKYO PRIME」で「DAZN」のコンテンツ放映を開始

IRIS、初回はサッカー「AFCアジアカップ」の関連告知を32都道府県の最大6万7000台で

デジタルサイネージ開発・広告販売のIRISは、同社が運営するタクシー搭載デジタルサイネージメディア「TOKYO PRIME」で、スポーツ動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」のコンテンツの放映を1月24日に始めた、と1月30日発表した。初回は、サッカー「AFCアジアカップ」の関連告知となる。

タクシーの乗客が楽しめるコンテンツとして流す。AFCアジアカップの関連告知は32都道府県の最大6万7000台のタクシーで放映する。TOKYO PRIMEは、タクシー車両に搭載の10インチ高精細デジタルサイネージで音声付き動画を放映し、タクシーを使うビジネス層や富裕層にリーチできるという。

DAZNはスポーツのライブ中継に加え、見逃し配信、ハイライト、オリジナルコンテンツが見られるサービス。テレビ、スマートフォン、パソコン、タブレットなどさまざまな機器で視聴が可能。英国に本社があるスポーツメディアのDAZNグループが提供し、日本をはじめ世界各国で展開している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]