ビズリーチが「GPTモデルの求人自動作成機能」開発、高精度な求人を最短30秒で提案

採用企業が直感的な1文を入力、予想される「募集背景」の提案を選んで求人を作成

転職サイト大手のビズリーチは、転職サイト「ビズリーチ」の新機能「GPTモデルの求人自動作成機能」を開発した、と11月20日に発表した。採用企業向けに求人の作成をサポ―トする機能で、採用企業はGPTツールを活用することで、最短30秒で高精度な求人が自動で提案される。多数の求人を掲載中の企業から段階的に利用を広げ、先行利用企業のフィードバックをもとに開発を進めて2024年度中に全企業が利用可能となる予定。

GPTモデルの求人自動作成機能は、「どんな人材を採用したいのか?」という質問に対し職種や期待する役割、ポジション名などを直感的に1文程度で入力すると、その内容から予想される「募集背景」がビズリーチに蓄積された豊富なデータベースから提案されるので適切なものを選択する。複数選択も可能で、AI(人工知能)が自動で求人内容を提案する。出来上がった内容を自身で編集後に保存できる。

人材を募集する部門が直接コミットする「部門主導採用」が広がり、採用経験のない人が求人を作成する場合は難度が高い。自動作成機能は、ビズリーチのノウハウとデータを生かした独自のロジックで構成した指示を、米国OpenAIのGPTモデルに行っている。推薦された募集背景を選択するだけで各業界のトレンドキーワードを盛り込んだ求人が提案されるので、新規性・専門性の高いポジションでも簡単に求人作成が可能となる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]