47都道府県のデジタル度、2位「東京」を上回ったのは意外?にも○○県!【野村総研調べ】

「公共サービス」「コネクティビティ」では東京が1位、「ネット利用」「デジタルスキル」は他府県が圧倒。

野村総合研究所(NRI)は、都道府県別のデジタル度「DCI(デジタル・ケイパビリティ・インデックス)」の最新調査結果を発表した。日本のデジタル化の度合いを可視化すべく2019年より毎年調査しているもので、今回は全国の15~69歳男女9,400人が回答している。

DCIは、「(1)市民のネット利用」「(2)デジタル公共サービス」「(3)コネクティビティ(端末、通信インフラ)」「(4)人的資本(デジタルスキルの保有度やICT教育)」の4区分、70弱の項目から構成され、最終的なスコアは0~100で示される。

なおDCIの構成要素は、パソコンの利用頻度、SNSの利用頻度、オンラインバンキングや動画サービスの利用頻度、マイナカードやe-Taxの利用、自治体サービスのネット利用、PCソフトの利用、デジタル機器の保有、サイト作成やプログラミング、3Dプリンタやドローンの利用など、多岐な視点にわたっている。

DCI(デジタル・ケイパビリティ・インデックス)の構成要素(出所:NRI)

47都道府県のデジタル度、福井・茨城・富山・静岡などが躍進

今回の調査結果によると、都道府県別のDCIスコアで、福井県が東京を抜いて1位となった。2位東京に続き、茨城、富山、静岡も前年から大きくスコアを伸ばした。

都道府県別DCIスコア(出所:NRI)

DCIのスコアを見ると、「コネクティビティ」による格差がもっとも大きかった。

DCIの4区分別地域分布と構成要素別スコア(出所:NRI)

スコアの高い上位10都道府県を見ると、「ネット利用」がもっとも高いのは福井(21.1)で、沖縄(18.3)、静岡(17.9)、京都(17.6)、新潟(17.5)が続く。「デジタル公共サービス」の数値がもっとも高いのは東京(21.7)で、富山(21.7)、茨城(21.5)、熊本(21.3)と地方部が続く。「コネクティビティ」の数値がもっとも高いのは、東京(21.3)で、愛知(18.4)、静岡(18.4)、福井(18.3)、神奈川(18.0)が続く。「人的資本」については、福井(20.9)がもっとも高く、富山(20.5)、茨城(19.3)、徳島(18.9)、そして5番目に東京(17.6)が続いた。なお2020年、2021年は東京が人的資本で1位をキープしていた。

2021年→2022年のスコア変化を見ると、ほとんどの県でDCIは上昇したが、東京、神奈川、埼玉などの首都圏(千葉を除く)ではスコアの停滞・下落を見せていた。

一方で、福井・茨城・富山・静岡のスコアの内訳をみると、DCIの4領域すべてでスコアが上昇。「デジタル公共サービス」を見ると、躍進県においてはe-taxや、ネットを通じた図書館の蔵書検索・貸出予約の利用率などが高まっていた。とくに福井は「1時間に1回以上携帯電話・スマホを使ってインターネットを利用している」というが、2021年の36%から2022年には43%に上昇。LINEやインスタグラム、YouTubeの利用比率も大きく増加していた。

構成要素別の上位10都道府県(出所:NRI)

調査概要

  • 【調査対象】全国の満15~69歳の男女個人
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2022年7月12日~22日
  • 【有効回答数】9,400人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]