経済産業省とIPAが個人の学習や企業の人材育成の指針「デジタルスキル標準(DSS)」を公表

DXを推進する人材の役割や習得スキルを定義した「DX推進スキル標準(DSS-P)」を新たに策定

経済産業省と、独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)は、個人の学習や企業の人材育成・採用の指針「デジタルスキル標準(DSS)」を取りまとめ、12月21日に公開した、と同日発表した。DX(デジタル変革)を推進する人材の役割や習得するスキルを定義した「DX推進スキル標準(DSS-P)」を新たに策定。3月29日に公開した「DXリテラシー標準(DSS-L)」と合わせてデジタルスキル標準とした。

デジタルスキル標準は、DXリテラシー標準とDX推進スキル標準で構成。DXリテラシー標準が全ビジネスパーソンを対象に学びの指針や学習項目例を定義しているのに対し、今回策定したDX推進スキル標準は、DXの取り組みを専門性を持って行う人材向けとなる。デジタルスキル標準でDXリテラシー標準とDX推進スキル標準を提供することで、DXに必要なスキルが総合的に参照できるようにした。

DXリテラシー標準は5つの人材類型、15のロール(役割)、49のスキル項目があり、スキルリストでは重要度を4段階で示した。人材類型は、ビジネスアーキテクト▽デザイナー▽データサイエンティスト▽ソフトウェアエンジニア▽サイバーセキュリティ--で、他の類型とのつながりを積極的に構築したうえで他の類型を巻き込んだり、他の類型を手助けしたりすることが重要、としている。

「DX推進スキル標準」の全体図
5つの人材類型
UX/UIデザイナーのロールと求められるスキル
共通スキルリストの全体図
共通スキルリストの項目例

経済産業省とIPAは今後、デジタル人材育成プラットフォームのポータルサイト「マナビDX」で研修事業者が提供する学習コンテンツとDX推進スキル標準をひも付けて可視化する。利用者は目指すロールに必要な知識やスキルを効果的に学ぶコンテンツ選びが容易になる。実践的な学びの場の創出でリスキリング(学び直し)の促進につなげる。DXリテラシー標準は既にひも付けを行っている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]