Twitterが有料の「Twitter Blue」ユーザーが投稿できる動画を最長2時間・8GBに拡大

Twitterのウェブサイトから可能、モバイルアプリは最大10分、Blueでないと140秒まで

米国Twitterは、「Twitter」の有料サービス「Twitter Blue」のユーザーが投稿できる動画を最長2時間・ファイル容量8GBに増やした。Twitterオーナーのイーロン・マスク氏がTwitterのツイートで5月18日(現地時間)に公表した。これまでBlueユーザーがアップロード可能な動画は1時間・容量2GBまでだった。解像度は1080pで同じ。

従来は1時間を超える動画をアップロードする際、複数本に分ける必要があった。Blueのユーザーが2時間の動画をアップロードできるのはTwitterのウェブサイト(twitter.com)からで、「iOS」「Android」といったモバイルアプリだと最大10分となる。Blueのユーザーではないと、投稿可能な動画の長さは最大140秒に制限される。

マスク氏はTwitterを2022年10月に買収してから収益改善を推進し、サブスクリプション(定額課金)のBlueユーザーの拡大を図っている。今回アップロードできる動画を2時間にしてBlueの利便性を高めることで、有料ユーザー増加につなげる狙いもあるとみられる。一方でTwitter側は、著作権侵害への取り組みの強化を迫られる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]