楽天グループ傘下が「Rakuten Viber」でチャットボット「Viber AI チャット」提供開始

オープンAIの「ChatGPT API」と「DALL・E2」を活用、Viberの利用登録で無料で使用可能

楽天グループは、傘下でメッセージングアプリを展開するViber Media(バイバーメディア)が、同アプリ「Rakuten Viber」でチャットボット「Viber AI チャット」の提供を5月19日に始めた、と同日発表した。米国オープンAIの対話型AI(人工知能)「ChatGPT API」と同画像生成AI「DALL・E2(ダリ・ツー)」を活用した。Viberに利用登録すると無料で使える。

Viber AI チャットは①絵を描く②質問する③AIに自由に描いてもらう④友だちに紹介--の機能がある。①は、ユーザーが入力したフレーズに基づいてAIが画像を生成。②は、ユーザーが入力した質問に対してAIが自然な文章で回答を生成する。③は、ランダムなテーマでAIが画像と文章を生成する。④は、Viber AI チャットを他のユーザーに紹介する機能。

生成AIの活用への世界的な関心の高まりを受け、最新技術が手軽に体験できるサービスとして導入した。Viberは世界版のチャットボット「AI Chat & Create」を2月から提供しているが、今回日本語のメニューに対応したViber AI チャットを開始し、ユーザー体験の向上を図ることにした。Viber AI チャットを通じてViberアプリの利用者を増やす狙いもある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]