“理想の働き方”と現実にギャップ? 「仕事よりもプライベート重視にしたい」が多数派【ライボ調べ】

フルリモートとフル出社、残業時間はどのくらい違う? ワークライフバランスを調査。

ライボは、「2023年 ワークライフ実態調査」を実施した。ワークライフバランスの理想と現実のギャップや、出社・リモート別の残業時間などについて、796人の社会人男女に聞いている。

プライベートを重視したい人が7割超も、実際は仕事に偏り?

ワークライフバランスの理想と現実

まず、理想的なワークライフバランスについて聞くと、合計で72.2%が「プライベートを重視」と回答した。一方で、実際のワークライフバランスを聞いたところ、計57.5%が「仕事を重視」と回答しており、理想と現実にギャップがあることがわかった。

ワークライフバランスが何に影響するか/転職時にプライベートはどの程度重視するか

ワークライフバランスがどのようなことに影響しているかを聞くと、「仕事のモチベーション」が73.0%で最多になり、ついで「メンタル面」が68.0%、「体力面」が48.9%と続いた。

プライベート時間に重視すること/時間を使っているもの

また、プライベート時間にメンタル面と体力面どちらのケアを重視しているかを聞くと、合計で65.8%が「メンタル面」と回答した。プライベート時間をどのように過ごしているかという質問では、「1人の時間」が圧倒的に多かった。

出社組orリモート組、残業時間はどのくらい違う?

毎月の残業時間

続いて、毎月の残業時間を聞いたところ、「1〜10時間未満」が26.8%で最も多く、以下「10〜20時間未満」が19.6%、「0時間」が16.1%となった。これを働き方別で見ると、「フル出社」の場合は「30時間未満」が82.2%と高く、「フルリモート」とは13.5ポイントの差が見られた。

調査概要

  • 【調査対象】全国 / 男女 / 20~50代
  • 【調査条件】1年以内~10年以上勤務している社会人、20人~1000人以上規模の会社に所属
  • 【調査期間】2023年4月14日~4月17日
  • 【有効回答数】796人
  • 【調査方法】インターネット調査
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]