AViCとShirofune、AIで動画広告の制作から分析まで可能な「Cre Tech Force」を提供

動画広告内の物体やテキストなど構成要素を解析して定量化する動画広告ソリューション

デジタルマーケティング事業のAViC(エイビック)は、広告運用自動化ツール開発・販売のShirofune(シロフネ)と共同開発した動画広告ソリューション「Cre Tech Force(クリテクフォース)」のベータ版の提供を始めた、と4月19日に発表した。動画広告のクリエイティブの効果を上げるための分析からプランニング、制作まで高精度に行うことができる。

第1弾としてベータ版で提供する分析機能部分では、動画内の物体やテキスト、音声の情報内容を解析して構成要素や表現を定量化する。情報量の多い動画を人による感覚的な分析ではなく、科学的・統計的に分析できるようになり、動画制作のプランニング精度が格段に向上する。夏ごろに正式版のリリースを予定している。

動画広告は多くの情報量を伝えられる一方で効果検証が難しく、感覚的な分析や属人的な運用で良さを生かし切れていない現状があり、より効果的な動画広告の運用を実現すべく両社で1年ほどかけて研究・開発した。開発では東京大学原田研究室で機械学習を研究しつつ、メルカリで画像認識システムの開発、運用に従事した荒瀬晃介氏が監修した。
 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

メタデータ
「データのデータ」。あるデータや情報の属性や特徴を表す付随的な情報を指す。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]