IASのパブリッシャー最適化が「APS」の「Connections Marketplace」で利用可能に

初の広告効果検証プロバイダー、パブリッシャーは広告配信の自動最適化で収益向上

デジタル広告検証・不正対策・最適化ソリューション事業の米国Integral Ad Science(IAS)は、同社のパブリッシャー最適化ソリューション「IAS Publisher Optimization」が、「Amazon Publisher Services(APS)」の「Connections Marketplace」で利用可能になった、と3月30日発表した。パブリッシャーは広告在庫の価値最大化につなげられる。

IASはAPS Connections Marketplaceで初の広告効果検証プロバイダーになった。APSはデジタルメディア事業の構築、収益化、成長を支援するクラウドサービス。パブリッシャーはAPS Connections Marketplaceによって、IDサービスや広告品質保証など複数の技術・ソリューションが新規開発なく有効化でき、新たな収益機会の創出が可能になる。

IASのパブリッシャー最適化ソリューションを利用するとパブリッシャーは、純広告とプログラマティック広告(運用型広告)の両方で広告の掲載場所まで広告配信が自動で最適化でき、広告の効果検証が可能。広告主が重視するブランドセーフティ(ブランドを損なうコンテンツへの配信リスク)と適合性を確保したうえで広告の収益率を高められる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

サイト年齢
そのWebサイトが開設されてから、またはドメイン名が登録されてから、どれだけ時間 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]