Web担当者の76.7%が「Webサイトの表示速度」の重要性を認識。SEOやCVR改善に期待【Repro調べ】

「Webサイトの表示速度の重要性」を感じていても、運用工数や費用面ではハードルが高い?

Reproは「Webサイトの表示速度改善についての実態調査」を実施した。表示速度改善におけるWebサイト運営者の意識や具体的な取り組み状況、成果などについて聞いている。

大多数の人が「Webサイトの表示速度」の重要性を感じている

Webサイトの表示速度の重要性に対する認識

まず、Webサイトの表示速度に対する認識を聞くと、「重要性を強く認識している」「ある程度認識している」の合計は76.7%となった。

CROへの取り組み状況と表示速度の重要性認識の関係

また、CRO(コンバージョンレート最適化)への取り組み状況と表示速度の重要性の関係をみると、CVR改善に積極的に取り組んでいる人のうち73.7%が「表示速度の重要性を強く認識している」ことがわかった。

SEOへの取り組み状況と表示速度の重要性認識の関係

SEO(検索エンジン最適化)への取り組み状況についても同様に集計すると、SEO施策に積極的に取り組んでいる人のうち、「表示速度の重要性を強く認識している」人は71.6%にのぼった。

約7割の人が「Webサイトの表示速度改善の成果」を実感

Webサイトの表示速度改善に対する取り組み状況

続いて、Webサイトの表示速度改善に対する取り組み状況を聞くと、20.5%が「過去に取り組んだことがある」、29.6%が「現在取り組んでいる」と回答した。

表示速度改善施策の総合的な成果

Webサイトの表示速度改善施策の成果※をまとめると、上図のようになった。ほとんどの施策において「期待を上回る成果が出ている」「期待と同程度の成果が出ている」の回答が7割以上となり、成功確度の高さがうかがえる結果となった。

※「表示速度そのもの」「CVRの改善」「SEO対策」「Webサイト経由の売上向上」「リピート率の改善」「PV数の改善」の各領域での調査結果を合算して集計。

実装期間・運用工数・費用面では実装のハードルが高い?

表示速度改善施策の実装にかかる期間

表示速度改善に関する施策の実装期間を聞いたところ、「6カ月以上~1年未満」に回答が集中し、施策によっては「1年以上」の時間を要するものもあった。

表示速度改善施策の実装・運用に要する1カ月あたりの工数

また、1カ月あたりの工数については、「50時間以上~100時間未満」「20時間以上~50時間未満」の回答が多くなった。

表示速度改善施策の実装・運用に要する1カ月あたりの費用

1カ月あたりにかかる費用としては、「100万円以上~500万円未満」「40万円以上~100万円未満」との回答が多く見られた。

調査概要

  • 【調査期間】2022年12月12日~2022年12月14日
  • 【調査方法】インターネットアンケート調査
  • 【調査対象】消費者向け(to C)Webサイトの管理・運営に携わっている方331名
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]