サイカとヤフーが高度なマーケティング・ミックス・モデリングソリューションを提供

サイカの分析ソリューションで「Yahoo! JAPAN」の検索や興味関心の行動データを分析

データサイエンスソリューション事業のサイカ(XICA)とヤフーは、生活者の購買行動プロセスにもとづく高精度なマーケティング・ミックス・モデリング(MMM)ソリューションの提供を目的に協業を始めた、と2月21日に発表した。サイカが保有する分析ソリューションをもとに、多様なサービスを提供している「Yahoo! JAPAN」の検索や興味関心などのユーザー行動データを分析して事業成長に貢献するMMMソリューションを提供する。

MMMの分析モデルでインターネット上での生活者の動向を捉えるには、検索ワードに最適化したテキストを検索結果画面に掲載する「リスティング広告」のインプレッション(広告表示)数やクリック数などの広告のデータを用いてきた。今後は月間利用者数約5500万人(22年9月時点のログインユーザーID数)のヤフーのユーザー行動データの分析が加わるのでデータの精度が高まり、より精度が高い分析モデルを構築することができる。

MMMの分析モデル図イメージ(従来のMMM)
MMMの分析モデル図イメージ(サイカとYahoo! JAPANによるMMM)

たとえば、従来の分析モデルでは、「テレビCMの放映でリスティング広告のクリック数が向上した」という分析結果が得られる。これに対して、サイカが保有する分析ソリューションでヤフーの検索データを用いた分析モデルでは、「テレビCMの放映によって30代女性の検索数が向上した一方、20代男性の検索数には影響が無かった」といった従来よりも詳細で、企業のマーケティング改善に活用しやすい分析結果が得られる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]