ヤフーが「ヤフオク!」「PayPayフリマ」で「おてがる配送(ヤマト運輸)」の発送場所拡充

スーパーや商業施設など生活動線上からの「ついで発送」でオークション出品を便利に

ヤフーは、運営するネットオークションサービス「ヤフオク!」とフリマアプリ「PayPayフリマ」で、「おてがる配送(ヤマト運輸)」の発送場所を拡充してスーパーマーケットや商業施設を追加する、と11月17日に発表した。ヤフオク!とPayPayフリマで落札・購入した商品を、スーパーマーケットや商業施設などユーザーの生活動線上にある店舗から発送できる。日常生活で「ついで発送」ができるので出品が便利になる。

対象店舗は「マルイ」「モディ」「デリシア」で、2023年1月以降は「ツルハドラッグ」も可能で順次拡大する。ヤマト運輸が英国のDoddle Parcel Servicesと展開するシステムを活用して提供する。小さな荷物を翌日配達でポストに投函するヤマト運輸の「ネコポス」、専用ボックスで送る「宅急便コンパクト」と「薄型専用ボックス」(いずれも厚さ5センチまで)、3辺合計60~200センチまでのEC事業者向け「EAZY」の荷物が対象。

発送手順は、ヤフオク!とPayPayフリマで配送方法に「おてがる配送(ヤマト運輸)」を選択して商品を出品。商品が落札・購入されたら取引画面で「宅配ロッカー」を選択して二次元コードを表示し、梱包した商品とスマートフォンを持って発送可能な店舗で発送手続きをする。「CtoC-EC(個人間取引)」市場が伸長して利用者層が拡大しており、さまざまなライフスタイルのユーザーがリユースを利用しやすくするため発送場所を拡充した。

発送手順
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]