Z世代女子が選ぶ、2022年トレンド大賞! 「IVE」に「ギャルピ」「純欲メイク」まで【SHIBUYA109 lab.調べ】

今、Z世代女子は何が好き? 全9部門から見る、流行の最先端。

SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.(シブヤイチマルキューラボ)」は、around20(15~24歳)の女性564人を対象に、2022年のトレンド調査を実施した。

Z世代女子が選ぶ、2022年のトレンド大賞を発表!

SHIBUYA109 lab.トレンド大賞2022

「カフェ・グルメ部門」「アーティスト部門」 「ヒト部門」「コンテンツ部門」「コスメ・スキンケア部門」「ファッション部門」「体験部門」「ヲタ活部門」「ポーズ部門」の全9部門にて大賞を決定。TOP3までの結果は上図のようになった。以下、各部門のランキングを紹介する。

【カフェ・グルメ部門】テイクアウト&おうちで楽しむスタイルが主流

カフェ・グルメ部門 TOP5

カヌレやドーナツなど、テイクアウトで楽しめるフードが多くランクインした。イートインのカフェだけでなく、ピクニックや「おうちカフェ」を楽しむスタイルが定着している。

【アーティスト部門】次世代K-POPアイドルが話題に

アーティスト部門 TOP5

「IVE(アイヴ)」、「Kep1er(ケプラー)」、「aespa(エスパ)」といった次世代の韓国アイドルが上位を占めた。K-POPアーティストは楽曲だけでなく、ファッションやポーズにも注目が集まっている。

【ヒト部門】ポイントは「切り抜きたくなる個性」?

ヒト部門 TOP5

1位はドラマ「テッパチ!」で注目を集めた「佐野勇斗」、2位は情報番組「ラヴィット!」で話題となった「あの」、3位は自身の動画チャンネルも人気の「なかやまきんに君」。いずれも「切り抜き動画(好きな場面を切り抜き編集された動画)」でバズるような個性を持っている。

【コンテンツ部門】マニア~ライト層まで人気のアニメ・漫画に注目

コンテンツ部門 TOP5

「SPY×FAMILY」や「ちいかわ」など、コア層からライト層まで幅広く人気なコンテンツがランクイン。セリフや劇中挿入歌などがSNSで切り取られ、コンテンツをよく知らない層にも楽しまれている。

【コスメ・スキンケア部門】「束感まつげ」がキーワード?

コスメ・スキンケア部門 TOP5

1位は束感のあるまつげ、鼻先までいれるチーク等が特徴的な「純欲メイク」、2位は「YOLU カームナイトリペアシャンプー」、3位は「SHEIN 部分つけまつげ」。今年はお出かけの頻度も増えたこともあり、メイクアイテムへの注目が高まった。

【ファッション部門】「Y2Kファッション」がトレンドに

ファッション部門 TOP5

2000年ごろに流行したファッションスタイル「Y2K」がZ世代のトレンドに。カラフルな色使いや、手や足にボリュームを出す特徴的なアイテムが人気となった。

【体験部門】「自分を知る体験」が重視されている

体験部門 TOP5

1位は「#SHEIN購入品(シーイン購入品)」で、通販での買い物に際しインフルエンサーの投稿や口コミを確認する傾向が見られた。2位は「MBTI診断」、3位は「顔タイプ診断」で、「自分を知る体験」への興味がうかがえた。

【ヲタ活部門】創作グッズで推しへの愛を表現

ヲタ活部門 TOP5

Z世代の約8割が楽しんでいる「ヲタ活」。今年はコンサート等のイベントの開催が増えたこともあり、硬質ケースデコやカンペうちわなどの「創作ヲタ活」が活発となった。

【ポーズ部門】韓国アイドルを参考に、ギャルっぽいポーズが人気

ポーズ部門 TOP5

1位の「ギャルピース」と3位の「ルダハート」はいずれも韓国アイドル発案のポーズ。友達との仲の良さを表現できる・「ギャルっぽさ」のあるポーズが人気となっている。

調査概要

  • 【調査期間】2022年9月~10月
  • 【調査方法】SHIBUYA109 lab.独自ネットワーク/WEBアンケート調査
  • 【調査対象】15-24歳の女性
  • 【有効回答数】564名
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティテスト
ユーザビリティテストとは、Webサイトやアプリなどのユーザビリティ上の問題点を見 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]