スマホに求めるスペック、いまどきの若い人は「○○」を最も重視。老年層は「カメラ」重視【ドコモ・モバ研調べ】

最重視されているのは「操作性」だが、「○○」がもうすぐ抜きそう。

NTTドコモ モバイル社会研究所は、「スマホ・ケータイを購入する際に重視する点」に関する調査結果を発表した。「2022年 モバイル動向調査」のデータを、「端末デザイン」「カメラ機能・性能」「操作性」「携帯性」「メモリ容量」の5つの観点で分析した内容だ。

現時点で重視1位は「操作性」、10年前に1位だった「端末デザイン」は大幅下落

ここ10年ほどの推移を見ると、重視するスぺックの数値は全体的に低下・分散している。2010年時点で過半数が重視していた「デザイン」「カメラ機能」「操作性」は大幅に減少し、2010年に54.6%だった「端末デザイン」は今回調査では14.6%まで下がり5項目中4位にとどまった。

一方「メモリ容量」は右肩上がりの傾向を見せ、調査項目となった2014年には12.8%だったが、今回調査では24.5%と倍増し、1位「操作性」26.2%に次いで2位に迫っている。

スマホ・ケータイを購入する際に重視する点(カメラ機能、およびその性能は、2014年-2021年は聴取なし。メモリ容量は、2014年以降に聴取)

そこで「メモリ容量」を重視する人たちを性年代で見ると、基本的に若い世代ほど多いが、特に10代が突出している。

メモリ容量を重視する

逆に「カメラ機能」は、若年層だけでなく、60代・70代の高齢層が重視しており、2極化の傾向が見られた。

カメラ機能およびその性能を重視する

調査概要

  • 【調査対象】全国・15~79歳男女
  • 【調査方法】Web
  • 【調査時期】2021年1月
  • 【有効回答数】7,050人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]